機械加工からの工法転換

一般的に板厚以下の穴であればプレスでの加工は難しいため、
機械加工で行っています

ドリル プレスパンチ
プレス加工

板厚以下の穴をプレス加工で行います。

t6.0φ1.0の穴
t0.8にφ0.26の穴

焼結からの工法転換

焼結からの工法転換によって、加工時間短縮、軽量化、高強度化が可能です。

焼結

焼結

軽量という利点はあるものの、強度が弱く、
寸法精度が低くなってしまいます。

プレス

塑性変形により、金属組織が変化し、強度が増します。
プレスの場合、均一で寸法精度が高い製品を作ることが可能です。

接合・組み立てからの工法転換

t6.0のベース板にφ8.5、h9.0のピンを圧入・カシメφ8.5、h9.0のピンを圧入し、
抜けを防ぐためにカシメ加工を施します。

圧入 カシメ
プレスで一体式型

接合・組み立てからの工法転換

プレスで一体式型